Top > 学生街で食堂を営んで思うこと

学生街で食堂を営んで思うこと

中学時代、テニスの部活の帰りに、学校の裏手にあった食堂にラーメンとカキ氷を食べに行きました。高校時代はやはりテニス部の帰りにスーパーマーケットの2階にあったパーラーで友達みんなとソフトクリームや焼きそばを食べました。大学時代、いつも夕食は下宿屋のとなりのラーメン屋でした。店内にはラーメン屋のオヤジが好きなジャズが流れていたことを今でも思い出します。 学生時代に通ったそんな場所は長い月日が過ぎても、不思議と覚えているものです。とても暑かったことや、セミの合唱、店内には大きな扇風機が回っていました。パーラーのおねえさんがとても大人に見えてみんな狙っていたこと、ラーメン屋のオヤジとはよく徹夜マージャンをしました。 そんな私は今、異国に住み学生街で小さな食堂と雑貨店を営んでいます。毎日通ってきてくれる常連の学生達、もう卒業したのか最近顔を出さなくなった人・・・。 そして私は思っています。何年経ってもその時代を思い出してくれるそんな店を作りたいと。 車買取 一括査定プラチナム
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
要するに夫が浮気中かそうでないのかを知りたければ...。(2016年9月 5日)
トライアルコースが設定されている脱毛エステを強くおすすめしておきます...。(2016年5月20日)
犬との出会いのおかげで(2015年1月 8日)
休みの日だもの!(2015年1月 8日)
学生街で食堂を営んで思うこと(2014年11月18日)